アパホテルが南京大虐殺否定で大炎上ホームページのサーバーダウン 中国人のサイバー攻撃か

アパホテルが炎上

SNSがきっかけ

本日、アパホテルが中国国内で大炎上しているとネットで話題。サーバーダウン。



 
1月17日、ビジネスホテル大手のアパホテルが中国国内で大炎上している。

先日、アメリカ人の旅行客が、アパホテル内に南京大虐殺を否定する書籍が設置されているとSNSで発信。

この投稿が中国国内で話題となり、大炎上。旅行代理店などは取引を停止する騒ぎに。

更に本日、アパホテルのホームページが閲覧できなくなっていることが判明。

ネット上では、「中国人のサイバー攻撃ではないのか」といった声が上がっている。

一連の自体について日本では、「中国人旅行客が激減してやっていけるのか」と心配する声と、「魔除け」「マナー悪い客が減ってよかった」と称賛する声など賛否両論ある模様。




 

(ネットの反応)

➡アパホテルにしてもDHCにしても事実しか述べてないのにな。自国の名誉のための真実を吐くと不買やらサーバー攻撃されるのか。なんだ真実じゃないかで終わる話し、わざわざ腹立ててる人は日本人じゃないんだろなあ。まあ日本は敗戦国だから仕方ないんですかね。

➡アパホテルは田母神の本やら創業者のサクセスストーリーの漫画が置いてあるのを我慢できればそれなりにコスパのいいビジホだったけど、今は客の足元見てるからなあ

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新のコメント

  • 中国や韓国では言論の自由・保障がない。安倍政権は軍国主義を復活させようと
    していると中韓は的外れな主張をしているが、彼らこそ排他的な
    民族主義・軍国主義の真っ只中にいるのだ。

    by 匿名 2017年1月18日 3:26 PM

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP