小室圭さんの母、小室佳代さんに遺族年金不正受給疑惑、法的に何が問題なのか説明します

ニュースで学ぶ法律知識
スポンサーリンク

 

小室佳代さんに遺族年金不正受給疑惑

小室文書 遺族年金不正受給疑惑など都合の悪いことは書かれていない(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんは4月8日、全28ページに及ぶ文書を発表した。結婚の障壁となっている母・佳代さんと元婚約者Aさんとの借金トラブル解決に向け、動きを見せたのだ。文

 

再婚すると遺族年金はもらえなくなります

遺族年金とは、公的年金の被保険者が亡くなったとき、その配偶者や子どもが生計を維持するために支給されるお金のことです。

そのため、残された配偶者が新たにパートナーを見つけて再婚をした場合、遺族年金はもらえなくなります。これを失権といいます。

失権した場合、役所に行って「遺族年金失権届」を提出しなければなりません。

黙って遺族年金をもらい続けると不正受給として処罰される可能性

遺族年金の受給者が再婚した場合、役所で「遺族年金失権届」の手続きが必要です。

この手続きを行わず、こっそり遺族年金をもらい続けると、不正受給にあたります。

遺族年金を不正受給した場合、役所から返金を求められた李、悪質な場合は罰金が科せられる可能性があります。

内縁にもこのルールは適用されます

遺族年金受給者が再婚した場合、遺族年金はもらえなくなります。

このルールは、内縁関係が成立した場合にも適用されます。

配偶者を亡くした方が、あらたにパートナーを見つけて内縁関係が成立した場合には、役所で「遺族年金失権届」の手続きが必要になるのです。

そこで今回、佳代さんが元婚約者と内縁関係にあったかどうかが問題になります。

内縁関係が認められるための要件

内縁関係が認められるには次の3つの要件を満たすことが必要とされています。

1、二人に夫婦になる意思がある
2、共同生活を営んでいる
3、社会的に夫婦と認められている

週刊誌の情報などを見ると、佳代さんと元婚約者の間には内縁関係があったと考えられます。

ただ、遺族年金の受給者に内縁関係があった場合、どの程度の対応をとるかについては、役所ごとで異なっているようです。

ですから、役所側としては何も追及しないということも十分考えられます。

小室佳代さんに遺族年金不正受給疑惑に対するネットの反応

遺族年金や婚前旅行の件、小室圭と眞子内親王は皇籍離脱婚する前につまびらかにしろ!それこそ法に問えないか知りたいわ。SP代も迷惑なんだよ!どれだけのムダ金か。もっと必要に迫られてることがあるんだよ。

小室圭が金銭問題を解決しないのは遺族年金の不正受給や保険金の受取人の変更とか、別の醜聞が大きく取り上げられることを防止する為じゃないのかと邪推する。 一説には国民の97%が反対しているという。 無視して結婚に進めば皇室への不信感が膨らむ。 簡単に考えない方がいいぞ宮内庁。

国民の声に耳を傾けて、反対されている理由が税金と女性宮家に関係していると知っているなら、全て辞退しますと言えばいい。何年かけてもそれを言わないのは、税金による生活、皇族の地位を二人揃って手に入れたいから

小室圭さんの母親に遺族年金不正受給疑惑・・・ 色々あるね。 遺族年金不正受給とまで言われたら、詐欺罪ではないですか。 自分の母親が犯罪者みたいに言われたら、それこそ母の名誉を守るため立ち上がらなければいけない。 沈黙は無言の承諾ですよ。 男、小室圭、さあどうする。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました