ピーチマスク拒否おじさんで学ぶ、公務執行妨害罪で逮捕されたあとはどうなる?

ニュースで学ぶ法律知識
スポンサーリンク

 

マスク拒否おじさん、今度は警察官殴って逮捕

「俺はしない」マスク拒否男またトラブル!飲食店で暴れ警察官を殴る…過去にはピーチ機内でも運航妨害(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
マスクを着けずに飲食店に入り、トラブルを起こしたのをきっかけに逮捕された男。しかし、マスク拒否によるトラブルはこれだけではなかった。

マスク拒否おじさん、今後はどうなる?

今回は、公務執行妨害罪で逮捕されたあと、どうなるのか、簡単に解説したいと思います。

まず、公務執行妨害罪については、刑法95条1項に次のように定められています。

公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する

よくあるケースは、職質の際に警察官やパトカーを殴る、警察に押収されそうになった覚せい剤を無理やり奪い取る、などですね。

公務執行妨害罪で逮捕された場合、身柄拘束される可能性は低い

一般的に公務執行妨害罪は身柄拘束される可能性の低い犯罪です。

なぜなら、降雨執行妨害罪は一時的に感情的になって起こしてしまうケースが多く、身柄拘束をする必要性があまりないからです。

また、被害者は公務員なので、捜査もスムーズにすすむため、仮に身柄拘束されても、その期間は比較的に短いケースが多いといえます。

ただし、事実を認めない場合や、同種前科がある場合、損害が大きい場合などは、長期間身柄を拘束される可能性があります。

逮捕後、起訴されるかどうかについては、意外と不起訴になるケースが多いのも、公務執行妨害罪の特徴です。

先ほど説明した通り、一時的な感情で起こすケースが多いため、しっかりと反省すれば不起訴になる可能性が高いといえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました