マリエの枕営業発言が嘘なら出川哲郎は名誉棄損で訴えることが可能

ニュースで学ぶ法律知識
マリエの枕営業発言が嘘なら出川哲郎は名誉棄損で訴えることが可能
スポンサーリンク

 

マセキ芸能社、出川哲郎巡るマリエの枕発言に「事実はない」

紳助氏からの枕の持ちかけを出川哲朗は止めず?マリエの告発にマセキ否定 - ライブドアニュース
大手芸能事務所「マセキ芸能社」は9日、公式サイトを更新し、所属タレント・出川哲朗(57)を巡る騒動に初めて言及。「お騒がせしているような事実はない」と否定した。事の発端は4日深夜にタレント・マリエ

マリエの島田紳助の枕営業発言について、マセキ芸能社が出川哲郎に事実を確認したところ、「プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」と説明したという。

マリエの枕営業発言が嘘ならマセキ芸能社・出川哲郎さんは名誉棄損で訴えることが可能

もし、マリエさんの発言が嘘であれば、マセキ芸能社および出川哲郎さんはマリエさんを相手に名誉損で訴えることが可能です。

名誉棄損罪が成立するための要件は主に次の3つです。

・相手の名誉を棄損したこと(社会的信頼を低下させたこと)

・名誉棄損の事実を不特定多数の人に伝えたこと

・公共性、公益性、真実性がないこと

「枕営業に立ち会った」「枕営業をするよう説得した」という発言は、マセキ芸能社・出川哲郎さんの社会的評価を低下させる事実であることは間違いありません。

また、マリエさんはこの発言をインスタで行っていますので、不特定多数という要件も満たします。

出川さんは芸能人であることや、話の重大性からみても、公共性・公益性は認められる可能性があります。

ただし、真実性についてはマリエさん側で立証する必要があります。

しかし、現実的に10年以上の前の発言について、これを証明することは困難だと考えられます。

そのため、出川さんサイドが訴えれば、名誉棄損が成立する可能性は極めて高いといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました